当たり前のように再査定で減額をする業者もあるようです

細かい傷や不備が査定後に出てくるという事

車体の状態が査定前と変化はないのに値段が変わるのは明らかにおかしな話ですが、買取業者ではよくある話です。 移動の際にお客様の運転で事故や傷が付いてしまったのなら納得のいく話ですが、見積もりの際に見落としていたのなら完全に相手のミスです。 このやり方は、急ぎで取引をしたい方や、一度終わってしまったので面倒臭くなってしまった人などには効果的です。 そのままOKを出してしまい修理代やメンテナンスの費用を差し引かれることになります。 これが減額で振り込まれる事があります。 そして中にはこれに対してクレームや文句を言うと解約手数料や損害金を求められる事があります。 また再査定の旨が契約書に記載されている(よく読まないと気がつかない)事が、実は頻繁でほとんどなのです。 それを理由にクレームを受け付けてもらえないパターンもありますので、これはやはり最後は結果的にそうなってしまうとどうでしょうか。 これがなかなかもう一度最初から他社に見積もりを出してもらう事は面倒になってしまいます。 渋々、こうして差し引かれた額になってしまう事がありますので、これが現状では割合が高くほとんどのようです。


現金でその場で買取をする場合は減額はほぼありません

当然、業者の見積もりの仕方も大きく変わります

最初から、買取業者も見積もりを表面的な部分だけでなく、細かい部分まで煮詰めます。 しっかりとここでは確認しておけばこのような後に減額と言う事は起こる事はないのです。 しかし、再査定は当たり前のものになっています。 これを防ぐ方法としては支払いをその場で現金払いにする事です。 振込での後払いにしてしまうと、そのような悪知恵を働かせて少しでも安い値段に引き下げて落とそうとするような悪質な業者もいるということです。 やはり、数字で10万や20万円の修理費用ならともかく、これが1、2万円だったらどうでしょうか?当然、それくらいならお客様も仕方がないと感じてしまうのではないでしょうか。 そんな事より次の車が欲しい、お金が欲しいという心理を逆手に取った巧妙なやり方を、今までの様に当たり前のように行う買取業者やディーラーもあるということです。
消費者庁に相談できる

ばれなかったら、わからなかったらお客様の責任という風潮

見えない傷やわからない故障には注意しましょう

大手買取業者にはそれがないとは言い切れません。 少なからず、相手側もサービスだけで見積もりを行っているわけではありません。 そうなると、そこに減額をして利益を産もうと思えば不可能ではない事を心に留めておきましょう。 査定額に対して低めに提示をしても何も異議を唱えなければ、これが相場よりそれがいくら低くても契約書を交わしてしまえばそれまでになってしまいます。 これは悪く言えば自動車の状態だけでなく、お客様を見て業者も価格を決めているということになります。 ここでは急いでいる方や、特に無関心で少しでもお金になればいいという考えの方は見破られ損をしてしまいます。 再査定で減額を求められる事も、相手を見て判断していると言えるでしょう。 知識や情報をしっかりと把握していたり、他社と比較したデータなどを持っている事で賢い交渉をお客様の優位に進めるための強みになります。 何も知らないでいるのとでは数十万円も差が出る事は良くあることです。 最低でも買取業者やディーラーと取引を行う前に、インターネットで複数社の無料の見積もり請求などはしておきましょう。

このページの先頭へ